Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AI

人工知能(AI)がトレードすることについて、考えてみました。

最近のAIはディープラーニングといって自己学習をするようですが、トレードにおいても取引ルールを教え、凄腕トレーダーのトレード履歴を自己学習させれば勝てるようになるのではと思ってしまいます。
それによって、マーケットの構造(パターン)は今までと変化はあるかもしれませんが、それでもマーケットの基本は同じ時間足で見ればレンジとトレンドの繰り返しであることに違いはないと予想しています。

トレードは買いと売りの繰り返しなので基本はレンジであるが、その均衡が崩れるとトレンドとなる。
そのトレンドとなった場所は、一つ上の時間足ではレンジの端から中央へ解き放たれただけであり、その時間足ではレンジである・・というような環境認識が結局は必要で、そのレンジとトレンドの環境認識さえできていれば裁量でいつまでも生き残れるのではと考えてみました。

2017年始まり

毎年初めの記録として・・・
今年2017年2月でトレードを始めてから11年経ちます。
今年は12年目を迎えます。
2016年は諦めなくて良かったと思うような結果は残せましたが、本当に長い間負けトレードに費やしてきたと思います。
その割には嬉しさというか達成感はありません。
昔のトレードが楽しくて止められないという感覚が今はなくなってしまいました。
なぜ楽しく無くなったかはわかりませんが、これぐらいの方が勝ち負けに一喜一憂しなくて良いかと思っています。

2016年始まり

毎年初めの記録として・・・
早いもので今年2016年2月でトレードを始めてから10年経ちます。
今年は11年目を迎えます。
無駄に長く続けてきたとは思いますが、今では諦めなくて良かったと思います。

このブログを削除するか考えましたが、昔の日記を見ていると再就職したことやトレードで大負けしたことが書かれていて、懐かしくて消せませんでした。
トレードを引退したら消すかもしれません。

アルパリJP

アルパリジャパンからメールがきた。

---------------------------------------------------------

お客様各位

平素よりアルパリジャパンをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
下記のとおり、本日1月16日付けで当社の親会社およびカバー先であるアルパリUKより
以下のアナウンスがございましたことをお伝えいたします。

「スイス国立銀行が対ユーロでの上限を撤廃したことにより、スイスフラン関連の
通貨ペアを中心に相場が大きく変動、また流動性の低下が生じました。
その影響により多くのお客様が有効証拠金を上回る損失を被りました。
お客様が損失をカバーできない場合、当社に引き継がれます。
その結果、アルパリ(UK) Limitedは本日(2015年1月16日)をもって破綻致します。
お客様の資産はFCAの規定に基づき引き続き当社の資産とは分別して管理されております。

原文:
http://www.alpari.co.uk/client-updates/notifications/posts/2015
/january/important-announcement#sthash.OpucnZQL.dpuf」


なお、本決定に基づき、誠に不本意ながらお客様がアルパリジャパンにて、現在お持ちの
ポジションを早急にすべて強制決済させて頂くこととなりましたことをご報告させて
いただきます。

また同時に新規ポジションをお持ちいただく事、入金、口座開設につきましても
今後一切を中止とさせていただきますことをご了承頂きたく存じます。
日本におきましても、お客様からお預かりしている資産はすべて完全信託保全の対象と
なっております。(http://www.alpari.jp/service/trust/)

その他今後の対応については決まり次第、あらためてご報告させていただきます。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
----------------------------------------------------------------

>お客様が損失をカバーできない場合、当社に引き継がれます。
>その結果、アルパリ(UK) Limitedは本日(2015年1月16日)をもって破綻致します。

一瞬「??」だったが、
UKの損失がジャパンの方に引き継がれないように、UKを破綻させるという意味だろう。

ジャパンは生き残るかもしれないが、リスクが高いので昨日全額を出金処理した。

ThinkForexはスイスフラン絡みの通貨はトレード出来なくなっていた。
どこも危ないのかも。

その後の犠牲者

2013年3月時点でのforextesterでのバックテストの犠牲は

液晶モニター1個
マウス4個
キーボード3個
扇風機1つ

でしたが、その後はというと・・・
犠牲者は出ていません。
どうやったら扇風機が犠牲になるのかと思うかもしれませんが、
その時はワイヤレスのキーボードで上から叩いてしまい、扇風機とキーボードが壊れました。
マウスやキーボードはワイヤレスだと投げたりして壊しやすいのでワイヤレスを一時やめていました。
しかし、結局有線マウスでも線を引きちぎった記憶があります。
何を壊したとしても、後になると物凄い後悔が襲ってきます。
特に液晶にキーボードを投げて割ってしまったときは、買い換えるときに馬鹿馬鹿しくなってしまいました。


バックテストは継続していますが、なぜか腹が立つことはなくなったので、原因を考えてみました。
連続負けをしても気分はいいものではありませんが、
後で連続負けをした相場状況を調べると、負けやすい相場状況が分かり、意味のあるものととらえるようになったのが主な原因かと思います。

最近は教えて貰った無裁量に近い手法の検証をしていて気づいたことがあります。
それは勝ち負けが全く気にならないのです。
この教えて貰った手法が有効であろうとなかろうと自分が否定されないことが原因かと考えました。

もし、大金持ちになることを夢見て、自分で考案した手法や感性による裁量トレードを行い連続負けをすると
「俺様の手法を・・・、天性の感を・・・・・・バカにするだと!?」
と自分の夢や希望、プライドを馬鹿にされた気分になりプツンとなってしまうのでしょう。

しかし、他人から教えて貰った手法が有効でなかったとしても、自分のせいではないことになります。
(もちろん、再現性のある手法をルールどおりに検証する必要があります)

さらに、今まで感性トレードを行ってきたことから言えることは、
エントリーからロスカット、リミットまでルールが定まっていると心理的負担がなく物凄く楽であることが分かりました。
今までの感性トレードでは行動の全てについてその都度考える必要があり、連続負けが続くと自分の行動に疑問を持つなどして、勝ち負けのたびに感情が揺れ動きます。
しかし、ルールが定まっているとその通りにしていればいいだけです。
ただし、このルールが長期的に勝てるものが大前提ではありますが。。

残念なことに本当に有効なルールを教えてくれることはほとんどなく、更に自分で開発するにはもっと大変です。
一番の近道は誰かがしっかり検証して有効なことを証明された手法をforextesterなどで何度も反復練習することだと考えますが、情報商材で手法探し、メンタル系のオーディオブックや本を買い、自動売買EAやエクセルを買い・・・そして、何度も口座を0にしては入金を繰り返した私が言っても説得力はありませんが。

2015年始まり

あけましておめでとうございます。

今年2015年2月でトレード暦が9年経ち10年目を迎えます。
満9年間一週間以上チャートを見なかった日はありませんでした。
普通、学問であるならそれだけ興味を持ち、勉強し続けたならかなりの実力になるはずなのに・・・と考えますが、トレードはそうではないところが異質であると考えさせられます。

ただそんな異質な相場で勝つ方法は
昨日書いた「勝てるとは相場のある状態を選んでいるだけであった」につながる。
私がforextesterで培った感性だけで勝てる方法とは、勝てるトレンド相場のみトレードしていたから。
その当時に使っていたトレンド相場の見分け方は日足、4時間足の両時間軸バンドウォークで、そのときにひたすら1時間足以下でトレンド方向にトレードするだけだった。
この場合、ストップを広くしていればエントリーポイントが悪くても大抵トレンドに救われる。

結局何が重要かというと自分の手法がどんな相場環境で有効かを知り、その時にトレードを厳選するということだった。
最近学んだトレード手法も振動的な低ボラ相場が苦手で戻りをつけないトレンド相場ではチャンスが無いなど特徴がある。

昨日書いたこれからの予定は、
来年度いっぱいでサラリーマンを辞めること。
ブログでの最終章は、毎日これだけ勝った~。と稼いだ額と贅沢三昧の日々を掲載し、コメント欄が荒れて終わるというもの。
ついでにこの商材で勝てるようになりました。と発表しアフィリエイトしてみるとか。

2014年総括

2014年は今までで一番収穫が大きかった。
それはブログを通じて新たな出会いがあり、新しい考え方を教えてもらったから。

具体的には手法で、その次に練習の仕方(心構え)であった。

今までは裁量トレードとは感性のみで行うものだと思い込んでいたので物凄い遠回りをしてきたことに気づかされた。
9年もひたすら具体的なルールを持たずにやってきたが、forextesterで1万回以上もトレードをこなしてきたこともあり、遠回りでも感性だけで勝てる状態にもってくることは可能であった・・・今だから解るがこの勝てるとは相場のある状態を選んでいるだけであった・・・しかし、これがトレードで一番大事なこと。

今でもトレードが簡単だとは思わないが、もし初心者の時から正しい学び方を実践していたら、今はどれだけ勝てていただろうかと思う。
しかし、9年間ひたすら学び続けてきたことは無駄ではない。なぜなら、相場の気まぐれな動きや、トレーダーにありとあらゆる疑問を抱かせる性質を学んできたから。
もし、始めから勝てる手法を教えてもらっていたら、自分の性格からして、すぐに調子にのって破産していたに違いない。相場のきまぐれも知らずに仕事も辞めて失敗していたのかも知れない。
十分な下積みを得るいい期間だったと考えるしかない。

これからのこのブログの予定を考えてみた。
過去にこれからの予定について書いたものがあった。
http://nisewizard.blog32.fc2.com/blog-entry-21.html
現時点でのこれからの予定についてはまた後日。

2014年始まり

あけましておめでとうございます。

今年2014年2月でトレード暦が8年経ち9年目を迎えます。
去年の結果は仕事で忙しくほとんどトレードできずほぼプラマイゼロでした。
フォレックステスターの練習もほとんどできず。

フォレックステスター練習結果
17時~24時のみEURUSDトレード
20140102.png

新たな犠牲2

久しぶりにフォレックステスターの連続負でキレてしまい、液晶モニターとマウスが犠牲になりました。

これでバックテストの犠牲は

液晶モニター1個
マウス4個
キーボード3個
扇風機1つ

となりました。

あけまして

おめでとうございます。

去年の成績は、裁量がマイナス4万程。
今年の2月からトレード暦が8年目に入ります。
もう7年も経験を積んできました。

こんなに成果がなかなかでないとはやりがいがあります。
フォレックステスターで裁量バックテストを去年に5000回しましたが、
少しだけリアルにもよい結果で出始めました。
まだまだ練習が足りないので今年こそ10000回をめざします。
一日40回もすれば達成できる。
もう、メンタルとか手法とか考えるまえに、ひたすら反復練習し、暗黙知を鍛えるしかない。

ということで
今年の目標は

バックテスト10000回以上
バックテスト合宿をする

にしました。
家にいてずっとバックテストは疲れるので、
ノートPCと外付けバッテリーを持って、車の中やホテルでひたすらバックテストし
疲れたら、温泉と食事を繰り返すというものです。

すでにテスターのライセンスを購入しノートPCにインストールしており、現在も3日間で200回以上トレードしています。
バックテストではいつも勝てるので、あとはリアルとバックテストの差を埋めるだけだけど、これが一番難しいかもしれない。。

何はともあれ、今年こそプラスで終えられますように。

Appendix

プロフィール

偽魔術師

Author:偽魔術師

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。